屋根塗装をして家を長持ちさせよう|施工はプロに頼もう

家

気候や住宅に適した方法で

作業員

熱や水に特に強い屋根材を

スレート系の屋根材は、軽量で施工しやすく、デザイン性も高いことから人気があります。しかしその反面気温の変化にやや弱く、寒い日には収縮し、暑い日には膨張します。ごくわずかに形状が変化するだけなのですが、それを繰り返すことで屋根材は劣化し、割れやすくなるのです。冬と夏との気温差が大きい京都では、特にこのリスクが高いと言えます。屋根材が割れると、住宅の防水性が低下するので、京都ではそれを防ぐための屋根工事がよく行われています。割れた屋根材は、シリコンなどで接着することもできますが、その後他の部分が割れてしまう可能性があります。そのため多くの人が、屋根工事を補修ではなく屋根材の交換という方法で行う業者に依頼しています。屋根材の種類は複数あるのですが、京都では特に、ガルバリウム鋼板を取り扱っている業者に人気があります。ガルバリウム鋼板は、アルミやシリコンの薄い層を重ねることで作られた屋根材で、熱と水分とに強いという長所があります。つまり気温の変化の影響を受けにくく、なおかつ防水性が保たれやすいということです。そのためガルバリウム鋼板への張替えによる屋根工事は、京都には適していると言えるのです。また純和風デザインの住宅が多い京都では、日本瓦を取り扱っている業者も注目されています。日本瓦は和風住宅によく似合う上に、厚みがあるため耐久性が高く、長く形状や防水性を維持できるのです。このように、気候や住宅に適した方法で屋根工事を行う業者に依頼することで、京都での暮らしは一層快適になります。